まめ、3歳になりました【マメルリハ】

先月の6月20日に、我が愛鳥マメルリハのまめが3歳になりました。


とにかくめんこい!
毎日言ってますけど、どれだけ言っても言い足りない!

新型コロナの影響で、買い物以外、ほぼほぼ家にいるという生活がずっと続いていますが、まめのおかげでその引きこもり生活が全然苦じゃありません。暇さえあればまめを愛でています。というか、暇でなくても愛でていて、いつの間にか日が暮れています!
家にいる時間が長いので、だんだん放鳥時間も増え、夕方くらいに「あれ? 今日まめ、ずっと外に出てない?」なんて日もあったりして。

最近は、自分からケージに戻ってご飯食べたりまったりしたり、人間が騒ぎ出すと「え?遊ぶ?」って慌ててケージから出てきたり。人間がご飯食べだすとまめも一緒に食べだすし、絶対まめ、自分のこと人間だと思ってる。……いや、一説によると動物は異種間同士で仲良くなる場合、それぞれ相手のことをちょっと変わった同族だと認識するらしく。

つまりまめからしたら、人間はちょっと……いや、だいぶ変わったマメルリハに見えているのかもしれない。無理がありすぎぃ~
「こいつら飛べんのか。かわいそうに」とか思われてそうです。

ってゆか、私からすると、ほんと、まめの背中にチャックがあって、小さな人間が入ってるんじゃないかってくらい、何考えてるか、何言ってるか、楽しいのか怒ってるのか寂しいのかまったりしたいのか、わかりますからね。

今日たまたまツイートしたやつなんですけど。

ほんとね、鳴き方と仕草で、飼い主とめっちゃコミュニケーションとってきます。
このあと、少し早いけど、おやつの時間にしました。おやつ準備するときめっちゃ手に乗ってくるから準備しにくいったらありゃしない(笑)

一緒にいるだけで、ほんと癒やされまくりです。
毎日が楽しいです。
うちに来てくれてありがとう。
これからもよろしくね。
P_20200314_195336_vHDR_Auto.jpg