ヒロアカ映画が最高でした!

4連休はおうちでマッタリ過ごしたクミタです。
こんにちは!

というわけで、前から観たかった『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~二人の英雄~』をアマプラでレンタルして観ました!
▶Amazon プライムで観る

640.jpg

もうオールマイトのマッスルフォームを観ただけで胸熱ですよ……ひたすら熱くて最高でした! 最高でした!


来週末は、ヒロアカ映画2作目の『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』を観る予定です!
▶Amazon プライムで観る

いやあ、それにしてもボンズは良い仕事をしますね!
私の中で人気急上昇中のアニメ制作会社です。
ラストの戦闘シーンは、もう素晴らしいの一言です。
そして、オールマイトの決めポーズに吹いてしまいました(笑)

給付金の10万円で買い替えた49インチのテレビと、以前購入したブルートゥーススピーカーが良い仕事をしてくれています。
映画館に行くには迷いがあるこの時期、自宅で観たい映画をレンタルして観ていきたいと思います!


都会の迷宮(方向音痴の話)

目的地への道を聞いた時「駅から出て東に行く」と言われ「右か左で教えてください」と真顔で聞き返すのがクミタです。こんばんは。

いいですか!
常にどっちが北で、どっちが南かわからない!それが筋金入りの方向音痴というものなのですよ!

もうあれです。出先で、自分の家の方向、指させる人いるじゃないですか。
いえ、恐らく、私以外の多くの人が指させると思うんですけど、もう私からしたらそれは異能力に匹敵するわけです。

はい!というわけで、今日は筋金入りの方向音痴について、知識を深めていきましょう!

◆地図を回す
昔はGoogleマップなんて便利なものはありませんでしたから、初めて行くお店なんかは、たいてい案内に書いてある地図を頼りにいくわけです。
これは有名な話だと思いますが、方向音痴はその地図を回さないと歩けません。常に、自分が進む方向を上にしないと、次に右に曲がるのか左に曲がるのか目的地はどっちの方面なのかがさっぱりわかりません。
するとたいてい「地図を回すな!」と怒られます。どうやら、地図は常に北を上にしないといけないようです。

こんな方向音痴な私でも、ドラクエなんかのマップ上では迷子になりません!おかしいですよね。常に北が上なのに!
って、それは自分が俯瞰で眺めているからですね。勇者がくるくる回転しようが、世界は北が上で固定されています。私もきっと、自分自身を俯瞰で見ることができれば、道に迷うことはないと思うのです。

(ゲームの技術が進歩して自由に歩き回れるようになったとき、ちょっと迷うようになったのは内緒です)


◆Googleマップの登場
そんな万年方向音痴な私も、Googleマップの登場により、一人で出歩く勇気を持つことができるようになりました。
ありがとうGoogleマップ。僕たちはいつも一緒だよ。

といっても、事前の入念な準備はかかせません。駅からの道のりを丹念に調べ、さらにストリートビューで実際歩いたときの景色を脳内にインプットし、曲がり角の目印をしっかりと覚えます。さらに目的地の外観を鮮明に脳に焼き付けるところまでして、やっと迷わずに辿り着けるのです。

もう、怖くない。
Googleマップの登場により、私の行動範囲は格段に広がりました。


◆スマホという文明の利器の落とし穴
そして、さらに数年前、ガラケーから遅咲きスマホデビューした際に、Googleマップを携帯できるようになりました!
ちょっと何言ってるかわかりませんが、今までは自宅のパソコンでしかGoogleマップを開けなかったので、家を出るまでが勝負でした。しかし、スマホを手にした今の私は、言ってしまえば無敵です。突然に「あ、あそこに寄ってみよう」と思い立っても、その場で検索、しかも、Googleさんがルートを検索し、案内までしてくれるのです!

勝利!
私はついに、方向音痴という呪縛から解き放たれたのです!

……なんて思ったのも束の間。私の油断が招いた落とし穴が待ち受けていました。
それは、健康診断で初めて訪れたビル。そこは『横浜』という名の大迷宮
私はスマホを手に入れたことにより、驕り高ぶっていました。事前準備もそこそこに、駅チカだし、なんならスマホに案内してもらえる。まあ、それでも少し迷うくらいの余裕を持たせて、少し早めに家を出たのですが……。

はい、目指すは東口。
そう、久々すぎて忘れてましたけど、横浜駅、改札出て案内掲示板を見ると

←東口 東口→

みたいに書いてあるんですよ!
え?バグ?ちょ、右も左も東口っておかしくない???
これだから都会の駅は!!!出口多すぎるんですよ!!!

まあ、とりあえず一旦落ち着いて、Googleマップも開いたんですけど、なんか、自分がどっち向いてるかよくわからないし、時々、磁石が狂うときがあって、今、それが発動中みたいな。
大きな駅の構内で、スマホ見ながらくるくる回っている人がいたら、高確率で私です。

とにかく地図見てもどっちが正解か、ちょっとよくわかんない!

でも時間がないんで、行くしかないんですよ。結局右と左、どっち行ったかなんて覚えてませんけど、どっちも東口にたどりつくならどっちでもいいじゃないですか!
で、東口目指してずんずん歩くじゃないですか。必死に掲示板の矢印たどって歩くじゃないですか。
歩けど歩けど、出口にたどり着かないんですよ!どこまでも駅構内なんですよ!
(帰ってから検証したら、どうやら降りてはいけない大階段を降りてしまったもよう)

そうこうしてるうちに、スマホのGoogleマップさんが、到着予定、徒歩4分を示していたはずなのに、6分になってたんですよ!

遠ざかってるぅううう!!!

やばい、これはやばい!とにかく出口を探さないと!外に出なければ!

どれだけリレミト唱えたかったかわかりませんよ!
もう、どの出口から出たかなんて覚えてないですけど。
外!外に出ました!はい、まだ微妙に自分、どっち向いてるかわからない状態です。ここはどこ私は誰。とにかく歩いてみよう。

はい、どうやら逆だったようで、さらに到着予定時間が伸びました。ここで来た道を戻り始めます。そこからは、磁石がきちんと機能したようで、とりあえず目的地になんとかたどり着けました。しかし、徒歩4分の道のりは、軽く20分を超えていました。

はい。
筋金入りの方向音痴というものは、文明の利器を手に入れても、大きな駅では未だに迷います。外の景色が見えないと、自分が今どのあたりをどんな風に歩いているのかがわかりません。
同じ理由で、初めて行くデパートとか、広い施設内で迷います。
え、普通の人って体の中に方位磁石でも入ってるの?

そんな感じで、何事も、慣れてきた頃が一番危ない、ということを学びました。あと、都会怖い。
絶対に迷わない地図アプリの開発が待たれます。

まめ、3歳になりました【マメルリハ】

先月の6月20日に、我が愛鳥マメルリハのまめが3歳になりました。


とにかくめんこい!
毎日言ってますけど、どれだけ言っても言い足りない!

新型コロナの影響で、買い物以外、ほぼほぼ家にいるという生活がずっと続いていますが、まめのおかげでその引きこもり生活が全然苦じゃありません。暇さえあればまめを愛でています。というか、暇でなくても愛でていて、いつの間にか日が暮れています!
家にいる時間が長いので、だんだん放鳥時間も増え、夕方くらいに「あれ? 今日まめ、ずっと外に出てない?」なんて日もあったりして。

最近は、自分からケージに戻ってご飯食べたりまったりしたり、人間が騒ぎ出すと「え?遊ぶ?」って慌ててケージから出てきたり。人間がご飯食べだすとまめも一緒に食べだすし、絶対まめ、自分のこと人間だと思ってる。……いや、一説によると動物は異種間同士で仲良くなる場合、それぞれ相手のことをちょっと変わった同族だと認識するらしく。

つまりまめからしたら、人間はちょっと……いや、だいぶ変わったマメルリハに見えているのかもしれない。無理がありすぎぃ~
「こいつら飛べんのか。かわいそうに」とか思われてそうです。

ってゆか、私からすると、ほんと、まめの背中にチャックがあって、小さな人間が入ってるんじゃないかってくらい、何考えてるか、何言ってるか、楽しいのか怒ってるのか寂しいのかまったりしたいのか、わかりますからね。

今日たまたまツイートしたやつなんですけど。

ほんとね、鳴き方と仕草で、飼い主とめっちゃコミュニケーションとってきます。
このあと、少し早いけど、おやつの時間にしました。おやつ準備するときめっちゃ手に乗ってくるから準備しにくいったらありゃしない(笑)

一緒にいるだけで、ほんと癒やされまくりです。
毎日が楽しいです。
うちに来てくれてありがとう。
これからもよろしくね。
P_20200314_195336_vHDR_Auto.jpg

セルパブ!夏の100冊2020

セルパブの夏、といえばこれ。夏100が出ましたね!
波野さん、ぱぶにゃん、編集作業お疲れ様です。

1作家1作品、100冊のセルパブ本が無料でチェックできちゃいます!
夏の読書が捗ること間違いなしな1冊です。
(WEBでそのまま読めますが、私はいつもEPUBをダウンロードしてKindleアプリで読んでます)
そんな夏100はこちらから!

セルパブ!夏の100冊2020

75%以上がKindle Unlimited対応だそうです。
私は『行き先はきくな』を載せていただきました。もちろんKindle Unlimited対応なのです。本当は最新作の『おもちゃの指輪が絆ぐ時』にしようと思っていたのですが、辛いお話ばかりの短編集なので、このご時世、読んで明るくなるお話がいいかな、と『行き先はきくな』の方にしました。
昨年と同じ本になってしまいましたが、著者的にオススメしたい本に間違いはないので。

あの、飲食店のメニューでよく『人気No.1!』とか『店長オススメ!』みたいなのあるじゃないですか。一番人気は『今度君に逢えたら』で間違いないのですが、著者オススメ、となると『行き先はきくな』なのです。ちなみにきくなは二番人気です。
というわけで、著者オススメ『行き先はきくな』よろしかったらよろしくね☆



そしてそして、私の推し作家である山田佳江さんのインタビューが読み応えありました!ぱぶにゃんが、山田さんは「歩くセルパブ年表」って言ってましたけど、セルパブの歴史の中には常に山田さんがいた、と言っても過言ではないのです!山田さんにはツイッタとかで、気軽にアホな感じで絡んでおりましたが猛省いたします。猛省した上で、また絡ませていただきたい所存ですごめんなさい許してください!

そんな山田さんの新作『白昼のペンタクル』を読み始めましたが、ほんと面白い!山田さんの作品は毎回くみた的大好物要素満載なのです!



そんな感じで、夏の読書のお供に、夏100はいかがですか?
きっとお気に入りの本が見つかるはず♪
夏100 2020.jpg

【Pink Tweet Time】シャラララ~ン♪

先日、私の敬愛するKANさんが、Twitterを始めてから1周年の節目に、1時間という時間を決めてその間に来た全てのリプライに答える、というファンにとっては嬉しすぎる企画を実施してくださいました。

それが【Pink Tweet Time】です!
(♪シャラララ~ン)※効果音

一人1リプライ。
たった一度のチャンス!
何を聞こうか数日前から考え、全力でボケようかとも思ったのですが、このようなチャンスは二度とないかもしれないので、私がずっと前から伝えたかったKANさんへの感謝の言葉を送りました。

そりゃもうドキドキですよ!
みなさんが送るリプを眺めていたら、早々にKANさんお返事し始めて!
目の前で、KANさんとファンの皆さんとのやり取りを眺めていたら、それだけでもう胸がいっぱいになって、いつの間にかモニターを見つめる瞳からは大量の涙が流れてました。

ちょっとキモいくらいに、わけわかんない感じで泣きました!

そんな中、私のツイは、ちょっと内容重すぎるかな、KANさん、お返事しにくいかな、とか悩みながら、それでもツイートボタンを「えいっ!」と押しました。

もう別に、お返事がこなくても、この言葉がKANさんに伝わればそれで充分でした。

でも!
KANさんから暖かいメッセージが返って来て!

はい、また泣きました!(笑)
本当にありがとうございます。
SNSって凄いですよね。

ツイートのひとつひとつから、KANさんのお人柄がうかがえたり、改めてKANさんの考えを知ることができたり。そして、KANさんファンの皆さんが本当に素敵な方たちばかりで、昨日は一日楽しませていただきました。

1000を越えるリプライが来たので、全てにお返事するのは本当に大変な作業だと思います。
KANさんは「時間がかかっても全てのリプライにお返事する」とおっしゃってますし、全てにお返事し終わるまではまだまだ時間がかかると思いますが、その間ずっとお楽しみが続くわけで。

もちろん本業もありますし、ご無理なさらない程度に、KANさんが楽しんでお返事して、私達も楽しくそれを見守りたいと思います。

KANさん、いつも癒やしと、元気をありがとうございます。
これからもずっとファンでいさせてくださいね。
くれぐれもお身体には気をつけて、KANさんの人生を楽しんでください。


【togetterまとめ】
【Pink Tweet Time】柄にもなくTwitterなんか始めちゃったりして丸1周年記念のまとめ

健康診断と心因性発熱

豆腐メンタルで有名なクミタです。こんばんは。
延期していた健康診断を先日受けてきました。
予約していた4月はちょうど新型コロナウイルスが猛威を奮っていましたが、緊急事態宣言も解除され、日々の感染者数も少なくなっていたので今なら大丈夫、と思い受けてきました。

しかし、買い物以外の外出は新型コロナが騒がれてからは初めて。そして電車に乗るのは本当に久しぶりです。
午前中の受付だったので早めの時間帯の電車に乗ります。混んでいたら嫌だなぁ……と思いましたが、そこそこ空いていました。席は全て埋まっていて、立っている人がちらほら。途中駅で座席も空きましたが、やはりまだ人の隣に座る、という距離感が怖くて、ずっとドア付近に立っていました。

今は感染者数も少ないし、大丈夫だろう、という思いで電車に乗りましたが、いざ乗るとやはり少し怖くなって。買い物ではこんな気持ちにはならないのに不思議です。閉鎖空間だからでしょうか。乗車中、なんとなく息苦しさを感じていました。
実際、マスクをしていて、気温はそんなに高くありませんでしたが湿度は高く、充分に暑かったので息苦しかったのは事実なのですが。

あともう一つ。私の緊張を高める出来事がありました。
これはもう本当に情けない話ですが、私は大の付く方向音痴で、これから向かう先は私の中で『迷宮』と呼ぶにふさわしい駅で、去年初めて訪れたその場所は、駅から徒歩4分の距離であるにも関わらず、駅構内で迷い、外に出てからも果てしなく彷徨い、20分が経過した頃、近くまで来ているものの、予約時間になってしまったため、電話を入れようとしましたが、持ってきたプリントに電話番号が書かれておらず、ネットで調べるもなぜか電話番号がのっていないという、もしかしたらテンパっていて見つけられなかったのかもしれませんが、それでもなんとか電話番号を探して……って、この話は、後に方向音痴についての記事にしようと思います。とても語り尽くせない。

要は、去年なかなかたどり着けずにトラウマになった場所なので、一度行った場所でも1年経てば記憶は薄れていますし、今年は事前に、改札を出てからのイメージトレーニング、Googleマップでの確認。万が一また迷っても電話がすぐにかけられるように電話番号もメモして、万全の状態で挑みました。

それでも電車の中では無事に辿り着けるかという不安が押し寄せてきます。
コロナの不安と去年の失敗と、そんな負の感情がぐるぐる。
自然と心拍数はあがります。

駅に着き改札を抜け、『迷宮』を歩きながら最適であるはずの出口を出たあと少し歩くと、ほんのりと、去年歩いた覚えのある道に出ます!

行ける!(確信)

しかしたどり着くまでが健康診断受付です。気を抜かずにずんずん歩きます。そして……

私!
迷わずに、たどり着けたよ!!!


思わず心の中でガッツポーズです!
この日は少し肌寒いくらいの気温だったと思いますが、私はずんずん歩くととにかく体が熱くなり、全身汗だくになります。この日ももれなくその状態で辿り着きました。

施設に入ってすぐに手指の消毒を促され、事前のコロナ対策アンケートに答え、自宅で測った体温を書き、受付に持っていきます。さらに、そこで渡された体温計で熱を測ります。

ピピッ。

あっという間に測り終わります。体温計をさっと抜いて受付のお姉さんに渡すと……

熱がありますね……37度以上ある方は健康診断が受けれないので――」

え、熱?

「歩いて来られた方で、時々暑くて体温上がってしまう人がいるんですよ。10分後にもう一度測りますので、座ってお待ちください」

「はい! 確かに暑いです!(汗だくです)」

体温は37.6度でした。わけがわかりません。
私は言われた通り、椅子に座り、呼吸を整えました。
迷わずにたどり着けた喜びも、すでにどこかにすっ飛んでいました。

え、もしかして私、知らなかっただけで、これまでも体が熱くなってた時は熱が出てたの?じゃあ、買い物とかで暑くなってた時も、熱が出てたのかぁ……いや、もしかしてほんとに私、具合悪い?え、さっきまでめっちゃ元気だったし、てゆか、買い物くらいしか外出してないし……え、熱、下がるよね?下がらなかったら、せっかく来たのに検診受けれない……ってゆか、ほんとに体調悪かったら、え、もしかしてコロナ?いやいやいや

10分って待ってるとけっこう長くて。その間、めっちゃいろいろなこと考えてしまって。体のほてりは少し収まってきましたが、まだ暑い、そんな状態の中名前を呼ばれ、もう一度検温です。

「37.5度ですね。うーん、看護師に相談しますね」

そして少しして看護師さん登場。
私は別室に案内されます。

「他に具合悪いところはないですか?」
「はい……あの、私、すごくあがり症で……」
「ちょっと酸素量測りますね」

指に機械をはめられて、さらにもう一度検温します。

「ああ……心拍数高いですね……」

はい、心臓さっきからバックバックいってます。
豆腐メンタルですから!

ピピッ
「37.4度……うーん」
「少しずつ下がってはいますね……(私、最後の悪あがき)」
「ちょっともう一度ドクターに聞いてきますね」

そしてまたしばらく待ちます。
深呼吸とか無駄にしてみて、必死に心を落ち着けようとしますが、全然だめです。もう緊張MAXです。
しばらくして看護師さんが戻ってきました。

「はい、検診受けて大丈夫とのことなので、受付で手続きしてください」

え!マジですか!ほんとに!?
ありがとうございます!

と、そんなわけで、なんとか健康診断は受けれることになりました。
その時は、大丈夫なのだろうか、という思いと、良かった検診受けられる、という思いとで頭のなかぐちゃぐちゃでしたが、ありがたく検診を受けてきました。

で、あともうひとつ。

初めに簡単な問診と血圧を計るんですけど、私は事前にWEB問診票で全てを記入していたのですっかり安心していたのですが、問診で急に、服用中の血圧の薬について「このお薬は何年前くらいから飲み始めましたか?」とか聞かれたわけですよ。

え!そんな!急に聞かれましても!

私は本当に、何年前、とか、いつから、とか、そういう数字的なあれを覚えているのが苦手で!
すべてメモってあるので、スマホで検索すれば出てきますが、とっさに言われると、わからないのに答えなきゃという焦りから、めっちゃ体が熱くなって恐らく心拍数も上がります。
なんとか答えをひねり出し、答えたものの

「はい、じゃ血圧測りますねー」

ああ……なんだか嫌な予感がします。
とっても嫌な予感がします嫌な予感しかしません。


その予感は的中し、2回測り終わったあと
「普段の血圧って、いくつくらいですか?」
と聞かれ答えると
「もう一回測りますね~」と看護師さん。

「うん、始めの血圧、すごく高かったんで、2回めと3回めの血圧、記録しておきますね~」

もうね!
あの、問診しながら血圧計るの、ほんとやめませんか?
せめて、パッと血圧測ってから、問診しましょう?
豆腐メンタルにはきつすぎます!

もうそんな感じで、検診受ける前にすでにグッタリモードだったわけですが……。
無事に全ての検査を終え、最後にドクターから簡単に説明を受け、一言でいえば、前回悪かった数値がほぼ全部ほんのり上がっていると。
治療の必要はないくらいだけど、適度な運動と、野菜いっぱい食べてね♡と言われて帰ってきました。

疲れた。ほんと……疲れた……。

でですよ!
帰りも最寄り駅からもりもり歩くもんで、帰宅した時にはもう体熱くて汗だくなわけですよ!
つまり今、私は発熱しているわけだ!

しっかり手洗いうがいをしてから体温計を小脇に挟み、ピピッと鳴ったらドキドキしつつ確認します。

36.5度

って平熱か~い!!!

ますますわからなくなりました。
今、めっちゃ体熱いわけですよ!
検診の受付の時と同じ状態なわけですよ!なのに!なぜ!平熱なの!
平熱でよかったけど!
でもなんでなの!!!

気になってググってみました。
そしたら……すぐにそれっぽいのが出てきました。

心因性発熱(ストレス性高体温症)

精神的ストレスで熱が出る、正確にはその人の平熱より高い体温になることがあります。
Dr. Takakazu Oka's Homepage


もうね……どんだけメンタル弱いんだって話です……。

後日談ですが、この次の日、たまたま親戚からちょっと面倒ごとの相談の電話がきまして。小一時間話したあと、めっちゃ体熱くなって、汗もじんわりかいたんですよ。これもいつものことで、人と話したり緊張すると、すぐに体が熱くなります。初対面の人と話をしようものならもっと大変なことになります。

で、電話を切ったあと、もしかして……と体温を測ってみたら37度!
しばらくして測り直したら平熱に戻ってました。

やだあ……私、変温動物!?

というわけで、もしかしてこれから、どこかに出かけようと思っても、場所によっては、入場する前におでこにピッて検温してから入るようなところが増えてるじゃないですか。緊張した状態だと私、永遠に入れない!?
そんな不安で、また熱が上がりそうですよ……とほほ。